春のそば→秋のそばへ

以前からお伝えした「春のそば」ですが、残念ながら秋のそばの生産に向けて畑は再度耕耘してしまったので、無くなってしまいました。

「春のそば」は花は咲きますが、実はあまりつかないので収穫には向いていません。毎回もったいない気はしますが梅雨明けから始まる「秋のそば」生産に向けての準備で耕耘にて掘り返してしまいます。

耕耘した畑は夜久野高原の特徴である「黒ボク土」がよく分かります。この火山灰由来の保水性や透水性が良い土壌が良質なそばを育てます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA